足る

なが~い雨が過ぎた後の晴れ間 そしてハルカス

8月に入って久しぶりの外出。お盆の間も家で燻り、終わっても天気が悪くて燻り、ようやく天候が落ち着いてきたけど、まだちょっと暑い。

そんなときは屋内で出来ることを済ませましょう。そう言えば友人の見舞いに行かねばならなかったので、このチャンスに行くことに。

天王寺の南に位置する病院。そこで彼はリハビリを行っている。異なる友人も一人行きたがっていたので天王寺で待ち合わせ。

という事はハルカスがあるじゃああ~りませんか。まだ上ったことがないし、地下にはお見舞いを購入するお店もいっぱいあるし。

それに8月のお盆過ぎは子供たちも夏休みの宿題が残っている時期。そしてお年寄りも暑いからそれほどこない時期。きっと当日券はある!と見込んで出発。

取り敢えず阿倍野近鉄の南駐車場に入れてハルカスへ。

d0188401_20002467.jpg

2Fにあるチケット購入カウンターへ向かう。と人の列がグニャグニャと。でも購入したその場上がれるそうだ。やっぱり・・・・。
並んでいる子供たちもいたけど、なんとなく賢そう。きっと宿題は終わっているのだろう。それとも既に諦めよったか。頑張れよ!おじさんもその時期はラスト3日が勝負だったよ。

d0188401_20003060.jpg

無事1500円でチケットを購入し専用エレベーター1回乗り換えで展望台まで。

d0188401_20005367.jpg
d0188401_20000710.jpg

エレベーター内からは外が見えない。けど光のショーがあって人々は歓声を上げていた。

360度ガラス張りの展望台。(当たり前か)
この日は雲はあったものの積乱雲や筋雲でほとんどが青い空。
気持ちいい~。

d0188401_19593198.jpg

せっかく1500円も払っているのでゆっくり展望を楽しむ。2周くらいしただろうか。
気が付くとまだその上にヘリポートがあって500円出したら上らせてくれるらしい。
予定時間の10分前だったので慌てて予約。持って上がる荷物の形態、両手は開けること、帽子はダメよとかいろいろ制約がある。気象状況が悪ければ中止てのもあった。
注意事項を聞いて時間になったので30名くらいの人が集合。
階段を60段くらい登って着いたところが屋上のヘリポート。
Hのオレンジ色の大きな文字が書かれてある。

d0188401_20004783.jpg

ここでも注意事項をよく聞いて行動する。柵のギリギリで写真を撮ってはいけません。外を眺めるだけなら柵のところまで行っても良いです。でももたれないでください。と強調された。

万が一物を落としたり飛ばしてしまうと(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-ごとになってしまうからだ。

ガードマンさんも一人ついていて、違反している人には注意が飛ぶ。

空が青く、風もそこそこあって、遠くには飛行機やヘリコプターも飛んでいる。
京都タワー、八尾空港、関空、神戸空港、伊丹空港、明石大橋、USJ、大阪城・・・いっぱい見える。大阪平野で一番背の高い建物から見ているわけだから。

d0188401_20010133.jpg
四天王寺さん
d0188401_20004554.jpg
昔4年ほど住んでいたところ
d0188401_20004395.jpg
天王寺動物園
d0188401_20003623.jpg
明石大橋
d0188401_20003441.jpg


30分ほど周囲を堪能して再び展望室へ戻る。

アベノベアがいた。マスコットキャラクターだそうだ。まあ暑い中ご苦労様。

d0188401_20005549.jpg

気がついたら2時間ほど滞在してしまった。腹が減ってきたのでそろそろ場所を変えることに。

アベノQ’sモールにある「梅蘭」の焼きそばを目当てに歩く。ここには昔パチンコ屋とか居酒屋、うなぎ屋、本屋などが並んでいた商店街だったが、今では立派な商業ビルに変身していた。
店は4Fにあった。2時すぎだったけどまだ入れた。

梅蘭は藤沢にもある中華料理店で、焼きそばを丸く成形し表面をカリッと焼いたものだそうだ。
そこで名物焼きそばのランチメニューを頼む。
チンジャオロウスが出てきた。

d0188401_19594386.jpg

しばらくして例の焼きそば。確かに表面はカリカリ。

d0188401_19594869.jpg

中を割るとネギ、ニラ、モヤシの具が出てくる。結構ボリュームがある。美味しい~。

d0188401_19594648.jpg

最後に杏仁豆腐で終わり。

しっかりと腹ごしらえも終わったし、さあお見舞いに行くか。



[PR]
by foxpapa | 2014-08-23 08:52 | ぶらり/近場 | Comments(0)
<< 伊根の舟屋~天野橋立ネコ 復活 お船の鉾 >>



日々僅かなことにでも感性を持ち続けたい。さて今日は何に感動できるだろう。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧