足る

国立競技場

先日仕事を休んで、神奈川にある母校へ行ってきた。毎年5月の第4土曜に開催される会議のため。個人事業者にとって土曜日の召集は、顧客の方々にご迷惑をお掛けするので辛いのだけどなかなか変更してくれない。公務員優先なのかな?

どうせ休業にするのだったら・・・と新幹線も始発を狙い、東京駅を8時半ごろ歩いていた。

以前はJAXAを訪れ、ついでに昔お世話になっていた下宿やアパートを訪ねて見たり、また違う年はBromptonを持参してスカイツリーから浅草界隈、そして上野から御茶ノ水へと足を伸ばし、電車で会議に駆けつけたりと時間を有意義に使ってみたこともある。

今年はテーマを「国立競技場」に絞り今年取り壊されるため、まだ見た事のない周辺を歩いてきた。

東京駅から東京メトロ 銀座線に乗り「外苑前」下車。神宮球場の前をとおり競技場を目指します。今神宮では春の六大学野球が行われており、盛んに応援団が「オス、オス」の連発。先輩方か来たら緊張の連続なんだろうな。うちの大学もかなり硬派だったからなあ。

d0188401_17544419.jpg

この季節は緑が多く、とても気持ちのよい探索ルート。

気がつくと国立競技場の外苑前ゲートに着いた。多くの選手や観客が通った事だろう。様々なドラマも生まれたことだろう。選手にとってはここが憧れの地でもあったはず。とても感慨深くなる。

d0188401_17522821.jpg

そのまま外周を歩くと、遠くに背高のっぽのビルが見えてきた。なんだろう。方向からすると新宿方面。としたら都庁?あんなのだったかな?

d0188401_17523383.jpg

まだまだ外周を歩くと千駄ヶ谷ゲート。とっても大きく広がって明るいところだ。

もう少し壁沿いに歩くと競技場の壁に東京オリンピック各競技でのメダリスト名が刻まれていた。そう言えばテレビで見ていたなあ。まだ年齢的に今ほどオリンピックに興味がなく、アベベや君原、三宅と言った名前をかろうじて覚えているくらい。

d0188401_17521906.jpg
旗の基礎になっている壁に名前が刻まれている。

d0188401_17522274.jpg
このような具合に

午後の会議の時間もあり、あまり長く滞在できないので足を進めることにする。


千駄木駅前にはあの有名な津田塾大がそびえていた。

そして例の背高のっぽのビルがかなり近くに見えたので、先を急ぐことに・・・。

新宿御苑の前を通り、ついにビルに到着。

d0188401_17524036.jpg

都庁かな??と思って見ると、「Docomo」と書いてあるのが見えた。
実はドコモビルだったんですね~。田舎者だからわからなかった~。(しゃ~ないやろ!)

じゃあ都庁は?何故都庁にこだわるのか。それは45階の展望台から国立競技場が見えるはずだから。

スマホで調べると山手線の外側にあった。少し急いでその方向へ。

すると見えた見えた。テレビや新聞で見た事のある、ツインタワーではないのですが、シンボリックな2棟の建物が。確か北側の庁舎に展望台があるはず。

d0188401_17520924.jpg

案内の張り紙があり、それに従って行くと入り口は地下からエレベーターで上がるようだ。

d0188401_17524434.jpg

エレベーター入り口は長蛇の列。。。良く観察すると大陸からのお客様のよう。

諦めてしまおうかと思い歩き出すと、もう一箇所エレベーターを発見。ここから上がることに。警備の方が居られ、カバンの中身をチェック。よく聞くと料金は無料。ラッキー。

籠に乗ると素早く45階に到着。

降りるととても広いスペース。
すぐさま窓際へ行き国立競技場を探す。とあったあった。Docomoビルをかすめて見える。横たわっている競技場。

d0188401_17524886.jpg

しかしうっすらとガスっている。空気が澱んでいるのかガラスが汚れているのか。
持って行っていた望遠レンズに変えて

d0188401_17525102.jpg
観客席中央のテッペンにあるのが聖火台のようだ。画像を拡大してみて初めて判った。
そして赤い部分はトラックではなく、これも観客席のようだ。

d0188401_18372661.jpg

中に入りたかったなあ。

とりあえずプログラムは終了。
腹ごしらえをして会議に出発。

母校も今、耐震構造に問題のある校舎を全て取り壊し、さまざまな校舎や施設に変更している。これで安心した学生ライフを送ることができるだろう。

学生諸君。頑張って勉強したまえ。おじさんたちは応援しているぞ。


[PR]
by foxpapa | 2014-05-26 18:30 | Comments(0)
<< 竹生島とひこにゃん 連休中あれこれ >>



日々僅かなことにでも感性を持ち続けたい。さて今日は何に感動できるだろう。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧