足る

節分 聖護院 そんな殺生な~

いつからだろうか、節分になると京都へ遊びに来ている。
そして要所をお参りして楽しむのが年中行事になりつつあった。

そもそもは須賀神社へお参りして懸想文売りさんから懸想文を頂き、家にお祭りすることで娘達の縁談が舞い込まないだろうかと他力本願で引き寄せることからだった。
そしてお向いの聖護院での豆まきや、ろうそくを上げさせてもらい家内安全、無病息災、合格祈願などを祈り上げてもらうことで一層拍車がかかってきた。。

今年は合格祈願をお願いするために聖護院さんでロウソクを上げた。
50円納めて~。
d0188401_20243463.jpg

「蝋燭一丁 只今の施主 家内安全・息災延命・身体健勝・入試合格 守らせたまえ~。南無大日 南無不動明 南無高祖人遍 大菩薩~」カ~ン! ドスン・・・???
(いろいろ調べて、そして聞こえた風に記載)

本堂に上がっていた女性が階段から落ちた音だった。そう磨り減った階段の縁から滑り落ちたのだ。

修行僧は音の方を向くなり「大丈夫ですか?ここは良く滑るんですわ~。」

ちょっと待ってよ。今入試合格の祈願して終わったその瞬間、「ここよく滑るんですわ~」って。それないやろ~。

お大事に。という気持ちと入り乱れて複雑。

しかしホンマ。ウソみたいなホンマの話。
蝋燭一丁に文句言うたのって僕ぐらいとちゃう?


修行僧は50円いりまへん。って言うてはったけど、そうはいかんのでしっかりと納めてからもう1度やり直し。こんなん聞いたことがないわな。


次に須賀神社もお参り。やはりここは欠かせない。
懸想文売りさんが二人で密談?そんなことはないだろう。が面白い光景。
d0188401_20342554.jpg
この神社は縁結びも請け負う一方、交通神社としても機能している。
毎年交通神社のお守りも更新し続けることにしている。


[PR]
by foxpapa | 2014-02-04 20:36 | ぶらり/近場 | Comments(0)
<< 節分 平安神宮 大儺之儀 鬼の... 京都十六社朱印めぐり >>



日々僅かなことにでも感性を持ち続けたい。さて今日は何に感動できるだろう。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧