足る

年末の錦天満宮

天満宮と言えば菅原道真公を祭り、学問の神様の代表格。

d0188401_18241045.jpg


12月25日は各地の天満宮さんでは「終天神」という一年の締めくくりを行う行事。参拝客はお屠蘇袋、祝い箸を買い求めるもの通例となっているようである。北野天満宮では大勢の参拝客と市が相まって、非常に賑わっている日でもある。

d0188401_18211515.jpg


何かで知ったのだが、この日は護摩木(お炊き上げ串)をお焚き上げする行事もあると聞き、午前中錦天満宮にお参りに行った。

10時ごろ、境内に入ると神主さんの祝詞が何処からともなく聞こえてきて、それらしい雰囲気が漂っていた。

小さな境内の一部には30cm四方、高さ40cmくらいの鉄製の籠が置いてあり、順序正しく護摩木が積み上げてあった。

暫くすると老神主さんと若神主さんが出てきて、お一人が祝詞を上げ、もう一人が神殿に対して塩やお神酒をささげたり、時間が経過してくると籠に入りきれなかった護摩木をくべたりしていた。

d0188401_18205654.jpg

火と牛。焼肉・・・。いかんいかん。
d0188401_1821326.jpg


この日境内では遠州流のお花の先生と思しき方も居られ、一室でたくさんのお花を生けてあった。お正月に向けてのイベントだろうか。

d0188401_18232696.jpg


本殿裏のつくばいにも

d0188401_18234924.jpg


我が家の護摩木も無事お炊き上げしてもらったようで、天神さんを後にした。

少々お腹が空いて来た所だったので寺町のお蕎麦を食べに有喜屋さんに入った。卵の黄身が乗っかった親子丼とてんぷら蕎麦がセットで1200円。しっかりとお腹もいっぱいになったし、なんせ美味しい。
そう言えばこのお店、大阪の大丸にも入っていたような・・・・。
d0188401_18265923.jpg

壁を見ると「晦日蕎麦」。

年末を感じるなあ。

帰り際に錦市場を通ってみると
d0188401_18275396.jpg


d0188401_1828722.jpg


おせち料理の素材が満載。

他には棒ダラや栗、蒲鉾などなど。

錦市場にはクリスマスより正月がお似合いのようだ。
[PR]
by foxpapa | 2013-12-26 18:31 | ぶらり/近場 | Comments(0)
<< 大晦日のポタ with Bro... マカオ~香港 >>



日々僅かなことにでも感性を持ち続けたい。さて今日は何に感動できるだろう。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧