足る

愛宕神社 千日通夜祭(千日詣り)

愛宕山詣りといえばかろうじて落語で聞いた事があるくらいの認識度だった。が、京都で食事を食べるためにお店に入ると、大抵「火廼要慎」と書いたお札が貼ってある。なんだろうと気にはしていたが、何かのきっかけで愛宕神社で授与される火の用心のお札である事が判明した。そしてそこへ行くにはかなりしんどい山を登らねばならないことも聞いた。
調べてゆくうちに毎年7月31日から翌日の8月1日にまたがってお参りすると1000日のご利益が得られるらしい。

そんな事を気にしつつ生活していると、Y君と話している時、彼が5歳くらいで父親に連れられて泣きながら登ったと聞いた。5歳で登れるのだったら60歳でも軽々登れるだろう・・・と。丁度自分の休みの日が8月1日だったので、31日夜仕事が終わるや否やY君を誘って出発することにした。

まずは麓の清滝まで行かねばならないが手段は
1)自家用車で清滝まで行き駐車場に止めておく・・・しかし当日の駐車場状況は厳しいらしい。と聞いたので却下。
2)バスで行く  京都駅から京都バスで行く(62番)には終バスが7時台で終わり。そこで京都バスに問い合わせると、嵐電(京福電車)の嵐山駅か、阪急電車の嵐山駅から京都バスが臨時便を15~20分間隔で出していると聞いたのでこれを手段と決めた。
しかし通常嵐山まで行くには車しかなく、駐車料金がバカ高い。しかし22:00~8:00は夜間料金で上限500~600円である事がわかった。

よって車で適当に行って500円のコインパーキングに止めて、徒歩にて嵐電嵐山駅へ急ぐことにした。
ここでアミノバイタル ゴールド1本を投与!後々ばてないために準備してきた。Y君にもあげた。
歩いても5~8分程度。日中の嵐山とは打って変わって、あまりにも人が少ないので場所を間違えたのかな?と不安になったが、バス停前には5~8名ほどの人が並んでいた。京都バスの職員さんも3名ほどいて口頭でアナウンスをしていた。程なくバスがやってきた。どうやら阪急嵐山駅から乗客を乗せて来たらしく、バスの半分ほどは人で埋まっていた。

乗車料金は230円。後払い。ピタパもうOK!!とのこと。

10分ほどで清滝に到着。周りが暗くて余りよく判らない。
d0188401_16312621.jpg

バス停で降りてヘッドライトを準備。水を一口飲んで喉を潤す。
さていざ出発。バス停の茶店はお客を受け容れていた。

d0188401_16315079.jpg

その前を通過してはて、道がいきなり二股になっている。どっち???多くの人は左の下り坂を選んでいた。

d0188401_16315395.jpg

そこには「愛宕神社参道」と書かれてあった。じゃあ左か!それにしてもかなり勾配のある下り坂が続く。向かいからこれを登ってくる人たちとすれ違う。既にお参りを済ませた方たちのようだ。これは大変な行程の始まりかぁ?

集落の間を抜ける。「おのぼりやす。おくだりやす。」と愛宕詣りの参詣者がすれ違う時に言い合う言葉が書いてあった。

かき氷屋さんがあった。数名の人たちがたむろっている。ふと見ると鳥居が見えた。その向こうには裸電球が等間隔に灯された参道らしき道が見える。
いよいよか。どんな所だろう。

6~8名ほどの若い男性グループが歩いていた。
それを追い越すように先に歩いた。健脚者では2時間ほどの行程らしい。それに近づきたいという勝手な思いからペースが上がったことは間違いない。

どんどん歩みを進める。汗が噴出してくる。これを見越して数年前に購入したファイントラックのベースレイヤーとセカンドレイヤーを着用しておいた。これを着て自転車に乗った時、汗をかいても冷えて気持ち悪くなったりしなかったし、すぐに乾いてくれたものだ。これが今回通用するかどうかだけど。
Y君がちょっと辛そう。2人で少し休みを入れる。
そしてまた歩く。また休み・・・を繰り返す。段々汗の量が増えてきて、リュックの背中のクッションが冷たく感じるようになる。
水は真水とクエン酸を基調とした水を交互に飲んで体液バランスの調整をした。

この辺りでヘッドライトは不要であることに気付く。周囲の裸電球が周到されているため、老眼と乱視の僕でもよく見える。

行程半ばくらいでアミノバイタル パーフェクトエネルギーを腹に入れておく。カロリー補給を怠ると後々えらい事になっては困る。
きつい上り坂が終わり少し平坦な道に出た。天国のようだ。ふと左側を見ると京都盆地が宝石のように輝いている。見上げれば月も出ていた。そう言えば火星が数十年ぶりで接近しているんだった。望遠でないと写せない。
d0188401_16250538.jpg

しばらく見とれていたがまた先を急ぐ事にした。

やや勾配の強い坂道があったり緩やかな坂道になったりしながらようやく石段の前に辿りいた。

d0188401_16314064.jpg
その手前にトイレや飲み物の臨時販売しているところや飲料の自動販売機の設置してあることに気付いた。
d0188401_16420757.jpg
ほとんど汗に出てしまったけど少し用を足しておく。
トイレの向かいには休憩小屋も設置してある。親切だ。
d0188401_16421075.jpg

さあどれだけあるのか判らないけど石段を登ると程なく提灯で照らされた山門のような建物が見えた。

d0188401_16312248.jpg

そこをくぐるとまた石段。きれいに提灯が並んでいる。
d0188401_16313592.jpg
左手に階段の端っこが見える。

いよいよ最後の石段だろう。上りきるとやっと社殿が見えた。着いた!!

d0188401_16314445.jpg
Y君曰く2時間20分だとか。時間は切れなかったけどいい感じで到着できた。

人がたくさん。参詣している人、お守りやお札を授与してもらっている人。ご朱印を頂いている人。休憩している人。様々。

さて参詣をしようとしたら、社殿中央に神官20名くらいが並んでいた。これでは奥まで進めない。成り行きを見ているとどうやら行事が始まりそう。

d0188401_16242913.jpg

確か2時から何か神事があるとは書いてあった。
本殿では着々と神事が進められ、他の参詣者はただ見ているだけ。中には写真に収めている人もいるが、神事の撮影にはちょっと・・・。

本来は神様にお会いしてからと思ったけれど、あまりにも神事が長くて待ちきれずお札を頂く事にした。
12体のお札を頂き、天狗様のストラップと河童のお札を頂いた。それぞれ子供たちが持ってくれれば良いのだけど。
「火廼要慎」のお札は1体400円。
d0188401_16250288.jpg
ちなみに頂いて持って帰るのはどうしようか。クリアファイルにでも挟もうかとも考えていたが、実はお札を筒状にクルクルっと巻いて半紙で包み渡してくださる。
d0188401_16244186.jpg
なるほど、これならくしゃくしゃにならずに済みました。
河童のお札。だけど何故?河童なんだろう。こんな山の上に。900m以上の山なんだけど。不思議だなあ。
d0188401_16594167.jpg
天狗様のスラップ
d0188401_16594894.jpg
子供たちをお守りください。

それでもまだ時間をもてあましたので周辺を見て回ると、猪に乗った天狗様の絵が奉納されてあった。確かに猪は和気の清麻呂候と縁がとても深いこの神社では奉られているとは聞いた。

d0188401_16311942.jpg

ようやく本殿の神事が終わり、やっと一般客にも参詣が出来るようになった。

参詣も無事終わりご朱印帳を頂き、ご朱印も頂いた。
d0188401_16244471.jpg
中を開くと表表紙の裏に

d0188401_16245296.jpg
火伏 勝運とかかれてある。かなり強い神様だろう。
そして頂いたご朱印は並んで頂くのだが、1枚1枚手書きで書かれあり、とてもありがたい。大抵たくさん事前に書いて居られる事が多いのに。

d0188401_16245740.jpg
そう言えば「愛宕」ってあまり書かない字だな。

ここまでいつ来れるか判らないもの。頂けてよかった。

社殿を出て広場で着替えをした。ベースレイヤーもセカンドレイヤーもびしょびしょ・・・かと思いきや、案外ドライ。なぜ背中が冷たく感じたのかな?きっとリュックサックの背中が汗を吸ってこれが体温を下げていたのだろう。今度はこれを上手く調整しておこうか。それと登山用の下着(パンツ)も考えておこう。これもビショビショで気持ちが悪い。

この辺りでアミノバイタル ゴールドを再び投与。下山に向けて準備KO。

下りの足取りは楽・・・と思いきや、傾斜がきついところでは支える足にかなり負担がかかる。ポールも使うがそれでも膝の側副靭帯だろうか、痛む!
最初は右足だったのが、とうとう左足にも痛みが走る。
まあ以前からこの症状は少なからずあったなあ。

とりあえず降りきった。途中上がってくる人も多く「おのぼりやす」と掛け声かけるも、自身が半ばアウトだったので心がこもらない。

消防団の人たちも夜通し待機しているらしい。ご苦労様です。
確実の僕より高齢の方々や体重がかなり多い方も居られたが、無事下山できたのだろうか。とても簡単に考えて登ると痛い目に遭う千日詣りだと痛感!!

膝の痛みも半日もすると和らぎ、1日も経つと概ね良好。こうなるとまたお参りに行きたくなってきた。

平成最後のお参りに行けたわけだし、新しい年号の最初の年にもう一度お参りするのもいいかもね。つらいことは忘れてしまい、達成感だけが残るって本当だな。

さて、落語の「愛宕山」をじっくり聴いてみたくなった。

[PR]
# by foxpapa | 2018-08-03 17:04 | ぶらり/近場 | Comments(0)

夏越しの祓い 吉田神社

土曜日午前中の仕事を終え、午後一番に1時間だけ外回りに出ようと一口の水を飲み干していると家内が「今日夏越祓いが吉田神社であるんやけど行く?」。
まだ昼ごはんも食べたいないけどとりあえず予定に入れるとだけ伝えすぐさま外出した。
外で仕事をしっかりと終えて帰宅したのが14時ごろ。すぐさま昼ごはんにありついて14時30分頃。じゃあ行きますか!
空模様が怪しい京都市内を目指して車を走らせた。
市内に入ると案の定雷鳴と共に稲妻が頻繁に。雷の神様が活動されているようだ。
吉田神社の足元に駐車場を見つけてそそくさと神社を目指す。雨は降ったり止んだり。
手水舎で清めて階段を上がり境内へ。16時に始まる神事に何とか間に合った。
たくさんの出席者一斉に清めてもらい、紙で出来た人形(ひとがた)を中央で焚き、その後神官10名ほどを先頭に歩いて夏越しの歌という祝詞を唱えながら茅の輪をくぐる事3回。途中少し強い雨も降ってきたけど何とか終了。
d0188401_10262624.jpg

やれやれ。落雷がなくてよかった。大きな杉の木が立っているからヒヤヒヤした。

終了後茅の葉を授与され、家で茅の輪を作り玄関の上に飾るのだとか。
d0188401_10263090.jpg

確か祇園祭の粽の由来に、旅人に扮したスサノオノミコトが一夜の宿に困っていた時、決して裕福ではなかった蘇民将来が精一杯のもてなしをし、それに感銘を受けたスサノオノミコトが「これからずっと子々孫々腰に茅で作った輪をを付けていなさい。そうすると蘇民将来の血縁の者として私が守ってあげます」と言い残し去っていた。それから私は蘇民将来の子孫ですという意味合いで茅で作った粽を家の玄関に飾るようになったとか。
茅の輪もまさにこれに由来するものだろうなあ。

さて茅の葉を頂いたものの、どうやって作るのかな?と思慮していると、神官の一人が説明しながら作り方を教えてくださっていた。
茎で丸く輪を描くようにパキパキパキと千切れない様に折っていき、その上から葉っぱで連続して巻いていくと茅の輪が出来上がる。

境内で水無月を販売していたので購入。
家に帰って夕食後早速頂きこれで半年間厄払いを済ませる事が出来た(かな?)。
d0188401_10264909.jpg
昼間に家に入れておいた月下美人が気になり見に行くと、なんと甘い香りを漂わせ存在感を一杯に開花していた。
d0188401_10271308.jpg
昨年の10月に開花したけど、また6月にきれいな花を咲かせてくれた。

もう一つ花芽があるようだけど咲いてくれるかな?
そう言えばこの日の1日前が満月だったなあ。





[PR]
# by foxpapa | 2018-07-02 11:19 | ぶらり/近場 | Comments(0)

6月6日 梅雨入り

今年の入梅は少し早い。
たまたま仕事が休みの日だったので、用事を済ませるために午前中に京都へ行った。
用事が済んだのでしばらくブラブラしながら梅雨を探した。

賀茂川では増水のため勢いよく流れ、音も迫るようだ。北山の山々も雲が重い。
d0188401_18252407.jpg
河原の水溜り。
d0188401_18251306.jpg
賀茂大橋を上がると大文字山も雲に隠れていた。
d0188401_18251747.jpg

この後パンを買って京都御所に立ち寄った。
青紅葉がつややかに輝いている。
d0188401_18244842.jpg

そして真如堂に立ち寄る。そろそろ本堂前の菩提樹が開花している頃だろう。
d0188401_18250322.jpg
行ってみると満開ではないものの、ほのかな香りを漂わせながら小さな可愛い花を咲かせていた。
そんな花びらにも雨雫。


帰宅して秋篠寺へ。毎年6月6日は大元帥明王(だいげんみょうおう)の御開帳が1日だけある。
お参りしてお庭に出るとここにも菩提樹の花が。
山門を出ると目の前の木に梅雨にはなくてはならないカタツムリがいた。
d0188401_18231625.jpg

ああ梅雨入りだなあ。


[PR]
# by foxpapa | 2018-06-08 18:38 | ぶらり/近場 | Comments(0)

キノコが光った

昨年の今頃シイノトモシビタケという光るキノコが六甲山や八丈島などで見られる、と言う記事を読んだ。
どれくらい明るいのだろうか。どんな大きさなんだろうか。たくさん集まると字が読めるくらいとか言われるけれど・・・などと考えると実際に見たくなってきた。
調べるとたどり着けそうな雰囲気もあった。が、時間的にそこまで開放されておらず他の手段を探した。
すると自宅でヤコウタケという光るキノコを栽培できる事がわかった。
ところが昨年の今頃は既にSold OUT!
そこで今年発売開始と思われる4月10日頃にめぼしを付けて購入成功。
念のために2つ入手した。

なんやかんやと時間に追われていたのもあって、5月の連休中にキットを開封し培養開始!
d0188401_16361986.jpg
箱の絵がキモカワイイ。
d0188401_16363696.jpg
これだけ入っていた。
d0188401_16364765.jpg
まず自分の手をシッカリと洗って清潔にする。そして菌床を容器に入れる。
d0188401_16365461.jpg
菌床を湿らせる。
d0188401_16370061.jpg
種菌を中央にこんもりと盛る。ちょっと見た目が良くないなあ。
d0188401_16370551.jpg
容器内側についた余分な水分を拭い取る。
これで置き場所を決めて待つ。

5月下旬。とうとうキノコが生えてきた。これからもっと大きくなるのだろうと思った矢先、すぐに枯れた・・・。
培養キットの置き場所が悪かったのかもしれない。周囲にはハイターとか薬剤が置いてあったのが気になった。
そこで屋外の一室に場所を変えてみた。
気温が25度以上になると生育は一気に進むと説明書には書かれてあったので、より一層期待が膨らんだ。
しかし28度以上になると他の雑カビの発生に負けるそうだ。難しいなあ。

6月4日 シメジの頭のような形をしたキノコが発生。見ようによっては目玉親父のようにも見える。
d0188401_16360355.jpg

6月7日 生長し傘が開いた。まさにキノコだ。
d0188401_16355029.jpg
試しに暗い部屋に移動すると
d0188401_16354325.jpg
光った~。ボンヤリと光った~。

これが光るキノコなんだ。へ~。ボンヤリと光る。なんだか愛おしい。
よく見ると傘だけが光って軸は光っていないように見える。

6月8日 再び暗がりで観察。すると光量が20%ほどに現象している。光を灯してくれるのは数時間だけなんだろうか。
この光らなくなったキノコは早急に取り除く必要があるそうだ。

更なる次のキノコの出現を待つこととした。

そして3日後
別のキノコが生えてきた。

d0188401_09044960.jpg
カメラのミラーアップが上手く行かなかったのでミラーレスで撮影。8秒ほど開放するとこんなにきれいに。
やんややんややややんや。


[PR]
# by foxpapa | 2018-06-08 16:46 | その他 | Comments(0)

桜早朝攻め

まだ3月の28日だと言うのに東京では桜の満開ニュースがひっきりなし。とうとう大阪・京都でも咲き出したと数日前に流れていた。
遅い年だと4月に入ってもまだ開花すらしていないと言うのに。今年は異例の早さだ。
4月4日に桜ポタリングを計画しているが果たして残っているのだろうか。

散ってしまう前に少しはお花見をしたく、早朝5時半に家を出た。いつも通りに京都駅の南側に車を止めてそこから自転車でブラブラ。
日中は24度まで気温が上がると言うので、薄めの服を重ね着したが少し肌寒い。失敗したかな?
そのまま北へ進路を取りまずは円山公園の枝垂れ桜に遭いに行く。

河原町通りは自転車通行止めだし、四条通も走りにくいので賀茂川縁を走り四条通りへ出て円山公園を目指す。朝7時くらいとなるとまだまだ人も少なく走りやすい。
さて枝垂れ桜は・・・すっかり満開気取り。いいですねえ。久しぶりに見た咲きっぷり。
d0188401_17490112.jpg

猫はエサを貰ってムシャムシャ。それをカラスに横取りされて「取られた~」と泣きついてきていた。
d0188401_17482164.jpg
桜では腹が膨れんらしい。

知恩院さんの山門前の桜はまだいまひとつ。

そこの北側の公園に植えられている枝垂れ桜もきれいな花を咲かせてくれるが、いまひとつだった。

インクラインへ向かう。既に観光客は多かった。少し外国人も混ざっているようだ。
恐らく昼前にはもっといっぱいになるのだろうなあ。
d0188401_17490491.jpg
ここは既に桜のトンネル。きれいだ。

平安神宮前の疎水はかなり咲いている。川面に写った桜の並木も美しい。
d0188401_17481014.jpg

二条通から御所へ抜けた。近衛桜はこの数年ほぼ毎年通っている桜。
d0188401_17484767.jpg
おおお。今年もきれいに満開状態だ。ほぼMAX。それでもまだ朝8時だからか人はそれほど多くない。
d0188401_17483237.jpg
朝日より夕方の日の方が優しいのだけど、日中の光より優しい。でも桜は気を抜くとすぐに色が飛んでしまう。
近くに寄って
d0188401_17483732.jpg
d0188401_17484302.jpg
桜のカーテン。ゴージャス!!

9時近くになったので近くのお寺に向かった。ここも3年連続で来ている様な気がする。
d0188401_17475371.jpg
この枝垂れ桜の木は大きくて立派な木だ。花もほぼ満開。ボリューム感があり素晴らしい。

この辺りで多少時間が気になりだした。
とりあえず賀茂川沿いに南に下る事にした。河原の桜はかなり満開。半木桜まで行こうかと思ったけどひたすら南下することにした。
ところどころ桜のトンネルが出来ている。
d0188401_17485767.jpg
よく見ると川の土手に沿って建っているお家の庭に植わっている桜が川に向かって枝を伸ばし、通る人を抱え込むようにトンネルが出来ているのだった。てっきり川の管理者(京都市?京都府?国?)が意図して植えていると思っていた。
これだけ足並みを揃えた生長を整えるって、隣近所の連携が上手く行っていないとできないものだと思う。立派な桜の管理だと思う。
このトンネルと3~5年前に通り感動した。風がそよそよ吹いた日で、花びらがヒラヒラ落ちてくる暖かい午後だった。
そこを自転車で何気なく通った時、もう心がとろけそうになった。あれ以来ここを訪れる。
そんな場所を数箇所通過し、一旦白川の桜も見ておくことに。ここも白川を覆いつくすように咲く桜が豪華絢爛。さすがは京都の賑わいを帯びたところ。
d0188401_17485179.jpg

5年ほど前に義父の見舞いに来た時、ちょっと立ち寄り驚いた光景がここにあった。が当時はこの素晴らしい桜にシャッターを押している人間は誰もいなく、なんだか恥ずかしいなあと思いながらひたすらカメラを向けていたのを思い出す。

四条から木屋町を高瀬川沿いに南下。

この辺りで家にメールをしてみた。家内の風邪の調子次第では一度自宅に戻って大阪に向かうか、このまま大阪に向かうかの選択肢がある。
するとかなり風邪の兆候は楽になり、午後から大阪に行くというメール。急いで自宅に戻ることにした。ここは潔く撤退しておかないと、あとあと尾を引く。これぞ夫学の基本也!

高瀬川の桜も美しく咲きそろい、今週末はたいへんな賑わいだろう。
d0188401_17482658.jpg

さて来週はどうなるのかな。どうか散らずに残っておいておくれ。

朝早くの桜攻めはどうやら正解のようだった。インバウンドさんたちもまだ出動していないし、太陽の光もまだ強くないし。
そして今回の反省点は、ブロンプトンの整備不良が気になった。基本中の基本。タイヤの空気圧が好みより少なかった点。これは次回に改善しておこう。




[PR]
# by foxpapa | 2018-03-29 18:02 | ぶらり/近場 | Comments(0)



日々僅かなことにでも感性を持ち続けたい。さて今日は何に感動できるだろう。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛宕神社 千日通夜祭(千日詣り)
at 2018-08-03 17:04
夏越しの祓い 吉田神社
at 2018-07-02 11:19
6月6日 梅雨入り
at 2018-06-08 18:38
キノコが光った
at 2018-06-08 16:46
桜早朝攻め
at 2018-03-29 18:02
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧