足る

BromptonにCats Eyeのライトを装備

しばらくBromptonの掃除もしてなかったし、ついでに少しライトを替えてやった。
結構リアのスポークとリムが油と埃でまみれていた。いささか恥ずかしい。きれいに磨いてあげて何とか体裁を整えた。

次に紹介されていたキャッツアイのフロントライトとリアライトを先日Amazonで購入し、2日前に到着したばかり。
d0188401_11052045.jpg
まずはフロントのライト。
ブレーキを止めてあるネジを取って、芯となる部分を引き抜き、既存の反射板とステーを除去しその代わりにライトのステーを入れて、再び芯となる部分を差込みネジで止める。
d0188401_11053177.jpg

ただそれだけの作業・・・。しかしもし何か変な事が起こったらどうしようかな?という不安と戦いつつ、なんせブレーキの部分だから調整が必要になったら・・・とも思ったけれど、案外短時間で速やかに終了。

d0188401_11053340.jpg

このワッシャーには方向があって、再度装着する時には間違わないようにしなければいけない。

d0188401_11053868.jpg
d0188401_11055127.jpg
そうやら出来た。心配して損したなあ。

(後日)
走行してしばらくしてから昼間にも関わらずふとライトが気になり見てみたら、なんと前輪ブレーキとライトのステーごとがグラグラ。
ヤバッと思い慌てて工具を探すが見つからず、慌てて自転車屋さんに飛び込んで「10mmのレンチ貸してくださ~い。」
親切な店員さんがシッカリと締めてくれて事なきを得た。
いやはや点検は命・・・。

ほな、今度は後ろのライト。

d0188401_11060552.jpg

これも既存のリアライトのネジ2本を取ってライトを外す。そこに新たに付けるだけ。なんだけどネジの受けとなる部分が袋に入っていない。
どうしてかな?と思ったら、本体のプラスチック部分に楕円形のパーツがくっ付いていて、これを切り離し受けに使用するようだった。まるでプラモデルの作成のようだ。

d0188401_11060989.jpg
d0188401_11061317.jpg

これも案外速やかに装着終了。車体と色は似ているけど違う。まあいいかあ。

さて点灯式。フロントは結構明るい。スイッチ部分がバッグの陰になるのでちょっと探すかな。そしてバッグを自転車から取り外す時のレバーが操作時に干渉するかも。

リアのライトは上面と下面にスイッチがあるので、乗ったままでの点灯操作は困難そう。

折り畳んでみたけどこれは問題なく折り畳めたし移動時も問題はなさそう。

d0188401_11063204.jpg

後は走行を続けていく際、ライトのステーが金属疲労により折れないかな?と感じるが考えすぎかな。

これで安心して夜間走行が楽しめる。

(後日2)
友人と走行中、彼が「あれっ?」と高い声で。どうしたの?って聞くと「電池が丸見えですよ」って。
良く見るとテールライトのカバーが紛失して電池だけ。
あ~あ。これって駄目な品物だったのね。アカンわ。

[PR]
# by foxpapa | 2017-11-27 11:30 | ブロンプトン | Comments(0)

紅葉本番に

毎年この時期に合わせて病院の予約を入れている。
どうせ遠いところを受診するなら帰りがけに何か見て回れればなあ・・・という思いで。
今週は家内の受診日。
以前からお参りとともに青紅葉や菩提樹は幾度も鑑賞して来たが、赤い紅葉の時期にはなかなかお参りが出来なかった。
ようやく今回赤い紅葉を見に行けるタイミングを得た。

まずは腹ごしらえで清明神社の西側にあるラインベックのパンケーキ。フワフワのパンケーキを朝から頂いた。ちょっとおしゃれな気分。
d0188401_17195100.jpg

お腹も落ち着いたので車を出町においてそそくさと真如堂へ。なれた道のりではある。
吉田山の麓から真如堂に向かうと、参道前に見慣れないテントや檀家の方だろうか数名の高齢男性が案内に立っておられた。
確かに紅葉を見に来ている人がとても多い。日ごろの真如堂はとても静かでいいお寺なんだけど、それとは打って変わった雰囲気だ。
d0188401_17152085.jpg

山門の裏にブロンプトンを置いて(心配だけど)、長い緩やかな階段状の参道には、赤い見ごろを迎えた紅葉がトンネル状になり参拝客を出迎えていた。
d0188401_17152804.jpg
さすがに人が多いのには驚いた。

その後家内と合流。DAHONを組み立ててポタリング。さてどこへ行こうか。
まずは法然院。法然さんのお寺。
d0188401_17155275.jpg


次は安楽寺。数十mも離れていないかも知れないくらい近いお寺。いわゆるお隣さん。
法然さんは東山で多くの信者を集めては講和を繰り返し布教を続けてこられた。その中に若き親鸞さんもいた。
そんな絶頂期に安楽さんと住蓮さんを慕った後鳥羽上皇の女官 松虫と鈴虫が上皇の熊野詣の際に御所を抜け出しこのお寺に飛び込んで出家したため、これを知った上皇の怒りに触れ、安楽さんと住蓮さんは鴨川の河原で死刑。法然さんも讃岐に、親鸞さんも越後へ流され、両姫は瀬戸内海の島へ流罪となったという悲しいお話のお寺。

しばらくのんびり走ると定番の永観堂。
d0188401_17161500.jpg
やっぱり圧巻!!なんといっても色が様々。翌日知ったけどどうやらピークの紅葉だったみたい。
もちろん人の多さも半端ではない。

ココまできたら南禅寺。
d0188401_17163332.jpg
観光バスはかなり多い。やはり日本を代表するお寺の一つ。しかも紅葉となると。
もっとゆっくり来たいものだ。

お腹も空いて来たので近くの知っている食堂を探すと全てお休みかしばらくお休みします。
では、吉田山まで戻って名前は判らないけど以前ふらりと入ったご飯屋さんに飛び込んだ。
d0188401_17194844.jpg
自家製のナッツが入ったお豆腐にサバの煮込みやら粕汁など。ええお味でした。
帰るときにお店の人がお見送りしてくださった。お話しながらブロンプトンを広げると、最後の後輪を戻す時に「うわ~」
思わず拍手を頂いた。やった感が最後に。また来ます~。

ブラブラ走ると汗もかかない。いい感じのポタリング。
御所まで走る。
ふと魯山寺に立ち寄る。静かなお寺。
d0188401_17194285.jpg
節分のときはすっごいことになっていたけどなあ。

この時期の夕暮れは早い。冬至より早いらしい。でも日照時間は一番冬至が少ない。

寒くなったのでパンを買って帰りましょ。

家内の走りがしっかりとしてきた。体幹ができたのかな。
僕の予想では15時くらいが限界かと思ったら、なんのことなくまだまだ走れるようだった。

来週は自分の検診に来るので天候さえよければどこへ行こうかな?


[PR]
# by foxpapa | 2017-11-24 17:38 | Comments(0)

播州清水寺の紅葉 今年最初

今年の秋はなんだか冬に向かって足早に進んでいるような気候。
こうなると摂氏8度を切る日が続きそうで、もみじもアントシアニンをせっせと合成し始めていきそうな雰囲気。
昨年同様あっと言う間に紅葉が終わるのかな?

だからと言うわけでもないのだけど、以前からお参りしたかった播州清水寺へ。
丁度秘宝十一面観音像が30年ぶりの御開帳となる11月でもあり、そして紅葉の見ごろに照準を合わせ向かった。
1日前まではかなり雨が降っていたけど、この日はおもいっきりの晴天。気持ちいい。
入山料を一人500円お支払いし車で上がる。
さぞ人でごった返しているだろうと思ったら、大きな駐車場は1/5ほどしか駐車しておらず。
仁王門をくぐる。なんだか新しい山門。

d0188401_17045298.jpg

参道を歩くと山そのものの紅葉が楽しめる。それでもお寺付きの園芸屋さんだろうか、アジサイを剪定していた。今頃剪定しても花は付くのかな。

d0188401_17044833.jpg

大講堂が見えた。とても立派な屋根。
大講堂でお参りし十一面観音様にお会いできた。煌びやかな、そして穏やかなお顔をしておられた。
ご朱印を頂き、御開帳時期だけの特別ご朱印も頂きこれで後はゆっくりお参りして風景を楽しむとしよう。

d0188401_17045771.jpg
d0188401_17044492.jpg

坂上田村麻呂が奉納したと言われる大刀が展示されているらしいので階段を降りて客殿に向かった。が別途料金がいるので辞めた。ごめんなさい。あまり興味がなかったので・・・。

で、その辺りで気付いたのだけど、実は今回の秘宝 十一面観音像は根本中堂に収められているの違うか?という家内からの疑問。
ハッとして調べるとその通り!この時期にここまで来て、これを拝まないで帰ると後悔の嵐が吹き荒れそうだった。
慌てて降りた階段を上がり、そしてまた上がり根本中堂へ。気付いてよかった~。

新たに拝観料を納め、お堂内の奥へ。するとお坊さんが出迎えてくださり、塗香をしてから頭を下げ、聖水を数回インドの言葉のような呪文を5回ほど唱えながら掛けて頂く。それが終わると観音様の前に出てお参りが出来た。
大講堂に居られた観音様とは異なり、木製でとても質素な、全ての事をお聞き頂けそうな広さを感じたお像だった。
どなたが彫られたのか知らないけれど、一生懸命心を入れられたのだろう。

お堂を出て裏に回ると「おかげの井戸」という井戸があるらしいので周ってみた。
どうやら行基菩薩が水の少ないこの場所で掘り当てられたそうで、きれいな水が出た事から「清水寺」の由縁でもあるらしい。
井戸にぶら下がっていた柄杓でお水を頂いた。とても美味しい癖の全くないお水だった。

これで思い残す事もなくお山を下りた。
で、腹も減ってきた。

数十分ほど走って「うわのそら」というコーヒーとランチのお店に向かった。

d0188401_17043880.jpg

周辺が田んぼ。山も見える。本当に大好きなロケーション。雲がとっても似合う喫茶店。ギャラリーも併設。
これはまた行きたいお店。
自転車でも来れるかなあ。でもアップダウンがきつそうだしなあ。
ランチはもちろん美味しいの一言。栗の入った豆乳から始まり、海老の入った粘り気のある芋で作られたコロッケ。
お米も美味しい。
最後にアイスクリームの最中とコーヒー。
器やお皿もどうやらオーナーの作のようだ。暖かい雰囲気のお料理。

いや~。秋の紅葉と腹を満たすのには最高の1日だったなあ。


[PR]
# by foxpapa | 2017-11-16 17:06 | ぶらり/近場 | Comments(0)

淡路島 寿司そして花火

お盆の15日。やっと2日取れた連休の初日。長女が家内を抱きこんで淡路島のお寿司を食べに行こうと計画した。
この数日僕の両親の看護や介護、そしてちょっとした体力作りでやや疲れ気味。どうしようかな。行きたいけど寝ていたいなあという狭間で悩む。
どうやら両親の具合もよさそうだし、じゃあ行けるときに行こうかということで出発。
朝6時に出るつもりが8時になっちゃった~。

近畿道を通って中国道 西宮山口から南下。途中で長女に運転を変わり淡路島へ到着。案外渋滞もなくスイスイ来た。
すし屋さんは11時半頃に予約を入れてあったのでそれまでしばらく道の駅で時間つぶし。
空は曇天。対岸の明石はちょっと曇って見づらいなあ。
d0188401_18443426.jpg
それにしても大きな橋を作ったもんだ。
地道に出てしばらく走る。
時間も近づいたのですし屋さんへ向かった。とても落ち着いた町並みになってきた。車は市営の駐車場へ入れる。
歩いてすぐのところにあるらしいが、わき道を入ったところにあるというが一時は通り過ぎてしまい、また戻って店を探す。
d0188401_18444350.jpg
魚屋さんのお隣にあるおすし屋さんを発見!
カウンターに通され「お任せで」。とてもネタが肉厚でシャリも大きくなく酢の具合も丁度いい。
中トロ、うに、イカ、海老、鳥貝、名前の知らない白身魚、アナゴなどなど。
塩で食べることを覚えた。
一通り食べて最後に鱧を握ってもらった。炙って握って出てきた鱧の握り。
d0188401_18444852.jpg
食べた瞬間びっくり仰天。口の中から鼻に向かって炙った鱧の香ばしい香りが充満。思わず長女と顔を見合わせて「美味しい!!!」
家内は鯛を頼んでいたのでこれを知らない。有無も言わさず「鱧をもう一つ!」。家内に食べさせると「う~ん、美味しい!!!!」
これでもう満足。
また来たいなあ。
店をでて表に周るとウナギの美味しそうな匂いがプンプン。
d0188401_18445101.jpg
店先でウナギを焼いていた。思わず1尾買って帰ることにした。

本来だと海ボタルを見たかったので観光協会で聞くと、そもそも海ボタルは砂地に棲んでいてそれを集めて鑑賞会では放つのだそうだ。
だからパッと行って見られるものではないと説明を受けた。
宿泊客にはそのようなサービスもあるけど日帰り客には特別なところに頼むしかないらしい。そこへ連絡を入れるとこの日はやっていないとか。
諦めて別のイベントを探すと、高田嘉平祭りというのがあってそこで花火が上がるらしい。規模はそれほど大きくないけどこれを見に行くことにした。

それまでの時間鳴門海峡を見に行くことにした。
道の駅がここにもあり、対岸の徳島県もすぐそこに見える。
d0188401_18443882.jpg
ここでは人気のハンバーガーがあったのでこれを腹に入れた。
d0188401_18442501.jpg
淡路牛とフライされたタマネギ(いわゆるオニオンリング)が入ったバーガー。美味しかった。

ここから時間を適当にみつくろって高田屋嘉平祭りの会場である都志港へむ向かう。淡路島の中央部西側に位置した港。
とりあえず都志小学校の校庭に車を止めて徒歩で10分ほど歩く。
港では盆踊りさながらの踊りが開かれ、淡路島TVが取材していた。
周囲では若者達が久しぶりにあったのだろう、とても懐かしそうに挨拶している姿が多く見られた。
誰かの弟に「大きくなったなあ」と二十歳そこそこの男性が声掛ける。掛けられたほうは恥ずかしそうに首をうなずき去っていった。
このお祭りは同窓会も兼ねているんだね。
d0188401_18441931.jpg
夕刻20時30分。花火が始まった。
d0188401_18443064.jpg
規模は小さいけれどとてもホットな花火大会だった。
道が混むことを予想して、早々に引き上げる。長女も明日は仕事らしいから。社会人になったんだなあ奴も。明日を気にするようになってしまった。
帰りがけに後ろを振り向くと大きな大きな花火が上がっていた。
海に映った花火は飛び切りきれいだった。
また来たいね。お寿司と花火。


[PR]
# by foxpapa | 2017-08-17 20:48 | 旅行/遠いところ | Comments(0)

祇園祭2017 後祭り 鉾建て北観音山編

12時半ごろ守口を出発。門真から第二京阪に乗り京都まで。40分ほどで十条に到着しDAHONを取り出し新町姉小路めざして走る。
仏光寺辺りで雨が降り始めた。
Y君が先に行っていたのでスマホで確認すると僅か1kmも離れていないはずの場所は結構降っているとか。が、しばらく話していると仏光寺でも雨脚が強くなり始める。
慌ててズームレーダーで見てみると赤くなった結構強い雨雲が京都市内に居座り、南東に移動している。

5分ほど雨宿りしてから北観音山へ

Y君が軒下に居ました。北観音山では松取りでやってきた松の加工中。松の幹と鉾の心木をまっすぐに頑強につなぐ為、絶えず見ながら電動工具で松の幹を斜めに切って削っていた。人々はそれを興味深そうに見ていた。
d0188401_17394157.jpg

作業は年配の指揮を執る人が中心に中堅、若手がそれを進める。
松と心木が合わさり、慎重に角度を合わせながら幾度も幾度も枕にする木を代えたり、馬と呼ばれる土台の木枠をあてたり余念がない。ここが一番大切なところなのだろう。

d0188401_17393486.jpg

そしてようやく「ええやろう。」という一言で、予め心木に通してあった鉄製の直径が少し大きめの輪がつなぎ目にスライドされ、鎚で固定された。輪の数は合計3個。

d0188401_17394545.jpg

そして心木や松の木と輪の隙間に木製の様々な大きさの楔が打ち込まれ、より一層つなぎ目が固定されるように作業が進んだ。

d0188401_17392069.jpg

これが長年の経験から来る方法なんだとつくづく感心した。
確かに釘一本使わずに出来上がってく。
そして長となる人がしっかりとイニシアチブを執っていた。これが伝統を守っている秘訣なのだろう。自信があるからできるのだろう。

松の先端にある枝葉の部分にはオナガの人形が括りつけられていた。
d0188401_17393796.jpg

昼飯もまだ食べてなかったので近くをウロウロしながら南下。
すると南観音山、もっと南に下ると大船鉾とであった。
d0188401_17400571.jpg
大船鉾では縄で作られた妙技を発見。
どの山鉾でも使われている蝶々
d0188401_17395411.jpg
海老。これはここでした発見できず。確かに海老に見えた。
d0188401_17395173.jpg
大船鉾で粽を購入。700円と少しお安い。と思ったら大きさも7割ほどでしたぁ。ご利益はどうなんだろうね。3割引は嫌よ~。

そこで聞いたところ船の舳先には昨年新しく龍の飾りがついていたが、今年は一昨年前の黒い御幣のような木が付くそうで、これは1年ごとに交互に飾られるそうな。
これはトレビアな情報。


昼飯は坦々面を食べちょっとお腹も落ち着いたので北観音山に戻ると、既に鉾は立ち上がっていた。
d0188401_17400823.jpg

見逃した~。

鉾の土台に今度は車をつけるために太い木をかましたり、車軸を入れたり作業は勧められた。恐らく懸装品は翌日以降に装飾され曳き初めはそこからだろう。

d0188401_17392740.jpg

この日はとりあえずここまでかな?
ふと見上げると雨も上がった青空に、青い松の枝葉が揺れていた。
d0188401_17392442.jpg

そこから2~3時間ブラブラしながらY君と溜まる話をして、日も沈みかけた頃、夕食を取るべく店を物色。
蛸薬師通りに面したところに「ひつじ食堂」というラム肉のジンギスカンを食べさせてくれるお店を発見。
d0188401_17391291.jpg

Y君に促すとちょっと引き気味。後で聞くと奥さんが懐妊中にお取り寄せ品でいやというほどラム肉を食べて、それがまた匂いがきつく印象が悪かったとか。でも彼、東北にある有名大学の馬術部の主将で、北海道で行われる会議などでジンギスカンなんかしょっちゅう食べていたはずなんだけどね。
半ば無理やり入店。

ラムの肩肉というほとんど脂のない部分、そしてロースの脂が乗っている部分をそれぞれ注文しジンギスカン定食。

食べてビックリ。とってもくせのない、独特の匂いもないアッサリとした肉。これがラム?
d0188401_17391748.jpg
これは家内を連れてきてやろうと思ったお店。

今年の僕の祇園祭はこれでお終い。また来年の楽しみ方を探しましょうっと。

[PR]
# by foxpapa | 2017-07-20 20:41 | ぶらり/近場 | Comments(0)



日々僅かなことにでも感性を持ち続けたい。さて今日は何に感動できるだろう。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
BromptonにCats ..
at 2017-11-27 11:30
紅葉本番に
at 2017-11-24 17:38
播州清水寺の紅葉 今年最初
at 2017-11-16 17:06
淡路島 寿司そして花火
at 2017-08-17 20:48
祇園祭2017 後祭り 鉾建..
at 2017-07-20 20:41
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧